© 2017   by  Kitagawa kenchiku

  • 北川建築

~街中でも自然を感じ、心地よく暮らせる家~のご紹介

最終更新: 2019年6月10日

 すっきりしない天気の日が続き、もうすぐ近畿地方も梅雨入りしそうですね。


今回は、先日完成見学会を開催させていただいた、~街中でも自然を感じ、心地よく暮らせる家~を少しご紹介させてもらいたいと思います。



 うなぎの寝床のような、奥に細長い敷地。前面を広く開けて、アプローチ、駐車スペースとガレージ、緑をバランス良く配置し、街並みにも余白と潤いが生まれる外観になりました。

 


 石張りと低く抑えた落ち着きのあるアプローチで来客を迎えます。ベンチもあり、買い物帰りでも荷物を置いてドアを開けれます。地域の方との憩いのベンチにもなりそうです。




玄関に入ると外の緑がお出迎えしてくれます。












 


メインの開口部には木製サッシを製作。全開放すると外と繋がる開放的なリビングになります。リビングはあえて一段下げて、外との距離が近く感じられるように配慮しています。また、友人などを招いて集まるときには、この段差がベンチ代わりにもなります。


 細長い敷地でも、敷地いっぱいに建てるのではなく余白をつくり緑を植える、庭との距離を近くする、などの工夫をすることで自然を感じられる住まいとなりました。


今回はここまで、続きはまた今度UPしたいと思います!

 

90回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • ブラックPinterestのアイコン